株式会社ドラッグみなみ

株式会社ドラッグみなみは皆さまの健康を一緒に考える会社です。

TEL.048-786-6815

〒363-0024
埼玉県桶川市鴨川1-11-13

健康

思春期 女子のご相談

思春期 女子で月2回の月経があり
貧血で動けないぐらいの方からご相談がありました。

「どんな漢方が効果的ですか?}

一般的な貧血は、鉄分が不足しておこる貧血です。
鉄分は、女性の場合出血などで失われてしまいますので
鉄剤を補うことが不可欠となります。

貧血で体内が酸欠、栄養不良状態となりますので
目のかゆみ、頭痛、冷え性、眠気、疲れが取れない
などの症状が出たりします。

月に2回生理がくるのが
身体が出来上がっていない思春期特有の症状か
子宮などの臓器になんらかの原因があるのかは
検査してみないとわかりません。

また、貧血の原因が
月に2回生理がくるためであるのか
他に原因があるのかも、検査が必要です。

漢方薬の場合はかなり個人差がありいろいろの漢方薬が使われます。
以下ご紹介でございます。

体力が衰えていて疲れやすく、食欲不振のある人には
四君子湯など

胃壁の筋肉が衰えていて食欲がなく、顔色が悪い人には
六君子湯など

顔色が悪く体力が衰えていて精神的不安もある人には
加味帰脾湯など

手足が冷え、全身倦怠感があり、食欲が出ない人には
人参養栄湯など

女性の貧血で月経量が多い場合には
当帰芍薬散など

月経量が多く、顔色が悪く重い貧血には
十全大補湯など

 

口内炎

生活環境の変わる季節、4月は体調を崩されたお客様がいらっしゃいます。

なかでも体調を崩し、口内炎になってお薬をお買い求めになる方もいらっしゃいます。

口内炎を防ぐ生活習慣としては

・疲れをためない

・ストレスをためない

・バランスのよい食事を心がける

・口内を清潔に保つ

 

それでも治りが遅い場合は、ビタミンB2B6製剤の服用をおすすめしています。

ただしこのビタミンB群は水溶性のビタミンのためいっぺんに

たくさん服用しても意味がありません。

水溶性のビタミンは尿ででてしまうからです。

 

 

ひざの痛みに・・・

膝が痛くて、階段の上り下りが・・・

腰が痛くて・・・荷物が持てない・・・

だんだん年を取るにつれてよく聞かれます。

今日は膝、腰によい成分のご紹介です。

 

<コンドロイチン>

加齢とともに減ってしまうコンドロイチン・・・

コンドロイチンは体内で作られる成分ですが、20代頃から作られる量が減少していき、

50代ではほとんどつくられなくなってしまいます。

膝や腰の痛みを感じ始めたら、コンドロイチンが減少している証拠です。

出来れば、痛みを感じ始める前に、意識的にコンドロイチンの摂取を心がけましょう。

保水力がきわめて高い物質で関節の軟骨中に多く存在し、クッションと潤滑剤の役割を

はたしています。関節の老化絵お防ぐためんはせっきょ的に補給すべき成分。

こんどろいちんには何こちの分解を抑制する働きもあり、変形性関節症に対しては

グルコサミンとの相乗効果が明らかになっています。

 

<グルコサミン>

体内にあるアミノ糖の一種。

軟骨の細胞でブドウ糖(グルコース)から作るために必要な

グルコサミングリカン(たんぱく質と多糖体の複合体、ムコ多糖体の一種)という

成分の産出を促す働きがあります。

<コラーゲン>

美容と健康に大切なたんぱく質。特に皮膚に多いために化粧品などによく使われていますが、

皮膚だけでなく、骨、関節にとっても重要です。

これがお肌もプルプルにしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

からだのさび

「さびつく」という言葉は、機能が衰えてうまく働かなくなるという意味で使いますネ。

では、「からだがさびつく」とはどんな状態なのでしょうか?

鉄がさびるように同じような現象がヒトの体でも、年齢とともに起こってくるのです。

その原因が「活性酸素」です。

人間の体は、本来 活性酸素を抑制する力が備わっていますが、

年齢とともにこの力は弱まってしまいます。

人間の老化は20歳過ぎるた頃からはじまるものですが、

ある程度の年齢を重ねたところで、活性酸素を取り除くするシステムが働きにくくなり

生活習慣病などの病気を引き起こすことが考えられます。

活性酸素を消すは働きがある抗酸化酵素には

スーパーオキシジスムダーゼ(SOD)があります。

SODを作るのために不可欠な「亜鉛」を不足させないようにするのがポイントです。

 

 

 

 

クーラーを上手にね。

朝から暑い暑い。。。

リビングの温度計をまだAM7時だというのに30度・・・(^_^;)

なので、本日は早めにスイッチONです。

こう暑いと高齢者の方は

熱中症はもちろんのこと、心筋梗塞、脳梗塞も心配になりますね。

水分補給は こまめに、無理をしない。。。

クーラーも上手に使いましょうね